IPP羅針盤
お知らせ

NEWS

2017年10月5日(木)16:20~17:50 第8回大阪大学経済学研究会(待兼山セミナー)
 日時:平成29年10月5日(木)16:20-17:50
 場所:豊中キャンパス 法経研究棟 7階 大会議室
 講師:Eric Weese 氏(神戸大学)
 議題: "Inefficiency and Self-Determination: Simulation-based evidence from Meiji Japan"
 研究会幹事:竹内惠行、安田洋祐、瀧井克也、石瀬寛和
 共催:IPP研究会
 お問い合わせ:大阪大学経済学研究会事務局(合同研究室)>>詳細リンク 
 (2017/9/29)
教員の研究活動

新刊図書

新聞・雑誌記事、その他

山内直人
(コメント)「会社員こそNPO:知見広げ本業にプラス・研修に活用も」、『日本経済新聞』2017年8月30日付
星野俊也
(Op-Ed)「国連特別報告、もっと議論を」、『産経新聞』2017年6月25日付
安藤由香里
(活動紹介)「カナダ発 民間主導の難民支援」、『朝日新聞』2017年6月14日付

論文発表の紹介

小原美紀
(論文・共著)「働き方と世帯の経済厚生―2000年代における世帯間格差の推移」、『季刊 家計経済研究』No.113、pp.51-61、2017年4月
木戸衛一
(論説)「『ノイエス・ドイチュラント』紙のリリー・ヴェヒター関連記事に寄せて」、『アジア現代女性史』2017第11号、pp.64-69、2017年3月
松本充郎
(論文)「コロラド川に関する意思決定過程における法の支配と市民参加―1944年米墨水条約におけるIBWC・NGO・司法」、『行政法研究』第18号、pp.83-108、2017年3月

Department of
International Public Policy
Osaka University