img 大阪大学 大学院 国際公共政策研究科 交渉教育支援センター
コンペティション情報
セミナー情報
イベント情報
お知らせ
支援センターとは
支援センターの活動
アクセス
お問合わせ
 
 
 
 
 
セミナー情報  
開催予定
H23(2011)年度以降開催のイベント情報は、こちらにてお知らせしております。
お問合せはこちらまで

過去のセミナー

■2007年度■
●特色GP公開講義
「人を動かす−リーダーシップと音楽」


>>講義の模様はこちら
日時:11月4日(日) 13:00〜16:00


場所:大阪大学国際公共政策研究科(OSIPP)棟 講義シアター(2階)


講師:
小林昭生 (大阪大学大学院国際公共政策学科 客員教授/
       デュポン株式会社 相談役)
南野陽子 (ピアニスト) 
野村美明 (大阪大学大学院国際公共政策研究科 教授)

(司会)橋本佳苗(ドリームランチャー)


講義概要:
企業や政府のトップなど、社会のリーダーと考えられている人にリーダーシッ
プが欠如しているのはなぜか。
人びとに委託された代理人として人びとを困難な問題に立ち向かわせるのがリーダーだという、ハーバード大学で開発された最新のリーダーシップ理論と音楽を取り入れた教育方法を紹介しつつ、音楽家との共同により、どうしたら演奏で聴衆と一体となれるか、共演者を説得できるかなどについて対話と実演によって明らかにしたい。


パンフレット(PDFファイル)

1.宣伝用パンフレット(片面)

2.当日用パンフレット(両面)

3.当日用ピアノ曲目プログラム(片面)


●特色GP公開講義
「プロスポーツ等代理人交渉について」



>>講義の模様はこちら
日時:10月27日(土) 13:00〜16:00


場所:大阪大学国際公共政策研究科(OSIPP)棟 講義シアター(2階)


講師:
茂木立仁(弁護士) 

(司会)大澤恒夫(大阪大学大学院国際公共政策学科 客員教授/
           大澤法律事務所 弁護士)


講義概要:
対等な契約締結(更改)交渉とはどのような交渉であろうか。
日本のプロ野球選手の契約更改交渉は、対等な契約交渉といえるのか。
現実にその交渉の席についた者として、対等な交渉であったのか、対等な交渉はあり得るのか、制度として問題はないのか等、その余の交渉の経験と比較して考えてみたい。


パンフレット:
こちらからダウンロードできます。(PDFファイル)


●特色GP公開講義
「対話による交渉」



>>講義の模様はこちら
日時:8月18日(土)
13:00〜16:00


場所:大阪大学国際公共政策研究科(OSIPP)棟 講義シアター(2階)


講師:大澤恒夫(大澤法律事務所 弁護士)


授業概要・当日プログラム:
・第1部 講義編 13時〜14時  対話による交渉
=「交渉」とはどのようなことか、「対話」というアプローチで考えてみたい
と思います。その中で、フィシャーらの『Beyond Reason』(新ハーバード流
交渉術)の提起する感情の問題についても検討してみます。


・第2部 実演編 14時〜15時  人生を変えられたら(出演 阪大生)
=大学サークル幹事が合宿先の民宿と行う交渉の事例を学生のみなさん
に実演していただき、実際の交渉のなかにどのようなファクターが働いて
いるのか、反省点はなにか、どのようにすべきなのか、を具体的に考えて
いただきます。


・第3部 対話編 15時〜16時  対話で変えよう(質疑応答)
=第1部、第2部を踏まえ、受講者の方々ご自身の交渉体験なども思い
出していただきながら、交渉の在り方について更に議論を深めてゆきた
いと思います。


パンフレット:
こちらからダウンロードできます。(PDFファイル)


●特色GP公開講義
「人を動かすー交渉と感情」



>>講義の模様はこちら
日時:6月16日(土)
13:00〜16:00

場所:大阪大学国際公共政策研究科(OSIPP)棟 講義シアター(2階)

講師:茅野みつる氏
(伊藤忠株式会社法務部コーポレート・カウンセル/カリフォルニア州弁護士)

講義要旨:
「感情的になったら負けだ」― 
今まで、欧米流交渉においては「論理(ロジック)」が重視され、「感情」の抑制が求められる傾向にあった。
しかし、やはり交渉は人間同士のもの。
互いの感情を理解してこそ、良い交渉結果が生まれるのではないだろうか?
交渉過程における「感情」の役割を考える。

パンフレット:
こちらからダウンロードできます。(PDFファイル)

●特色GP公開講義・コンサート
「人を動かす−交渉と音楽」



>>講義の模様はこちら


日時:
4月30日(月・振替休日)13:00〜16:00(ミニ・コンサート、おやつ付)
(講義1時間、対話1時間、ミニ・コンサート1時間)

場所:大阪大学国際公共政策研究科(OSIPP)棟 講義シアター(2階)
講師:
法律家=野村美明(本学教授)/大澤恒夫(弁護士・本学客員教授)
音楽家=南部靖佳(フルート)/山本アキ(ピアノ伴奏)/天野永里加(ピアノ)
司 会=橋本佳苗(ドリームランチャー)
概要:
交渉は思いを人に伝えて動かす技術(art)である。人を動かすパーフォーマンスとして音楽と似ている。理論とテクニックに秀でているだけでは人は動かせない。われわれは、よい交渉者になるために、よい音楽家からなにを学べるだろうか。
パンフレット:
こちらよりダウンロードできます。(PDFファイル)
 
■2006年度■
2006年度スケジュール総合パンフレット(PDFファイル)>>click
●特色GP公開講義・公開演習
「外交交渉の実際と実技」
日時:11月3日(金・祝) 
13:00−14:00 講義
14:00−14:10 休憩
14:10−15:10 演習
講師:姫野勉氏
     (大阪大学大学院国際公共政策研究科・教授))
場所:講義シアター(国際公共政策研究科棟・2階)
概要:ジュネーブでWTOなどの外交交渉に携わってきた経験を披露し、学生による模擬交渉を指導し、評価を行う。
パンフレット:こちらよりダウンロードできます。(PDFファイル)
報告書

●特色GP公開講義・公開演習
「交渉は事後が大切」
日時:8月26日(土) 13:00〜14:00
講師:茅野みつる氏
     (伊藤忠株式会社法務部コーポレート・カウンセル/
     カリフォルニア州弁護士)
概要:交渉がせっかくまとまっても、交渉の成果が実現できないと成功とはいえない。この回は、(1)交渉の事後評価の項目、(2)評価方法および(3)交渉成果の文書化の大切さを説明し、それぞれについて実例をもとに練習する。
パンフレット:こちらよりダウンロードできます。(PDFファイル)
報告書
●特色GP公開講義・公開演習
「訴訟の中での交渉」
日時:7月22日(土)
 【公開講義】13:00〜13:30 民事訴訟における主張整理の実務について
 【公開演習】13:30〜17:50
講師:苗村博子氏
      (苗村法律事務所・弁護士/ニューヨーク州弁護士)
     (コーチ:森 拓也氏(苗村法律事務所弁護士))
概要:訴訟の中で、和解以外に交渉なんてあるのか?と思いますか。実務には、証拠調べに入る前の弁論準備手続きの中では、ラウンドテーブルに向かい、自らの主張、争点を裁判所に理解してもらい、相手の主張が如何に失当かを伝える為の、当事者双方の打打発止(ちょうちょうはっし)の交渉が繰り広げられます。そこで必要となる理論立てた事実の整理と相手方主張の事前分析の方法を学びましょう。
パンフレット:こちらよりダウンロードできます。(PDFファイル)

●特色GP公開講義・公開演習
「交渉前のプラニング」
日時:6月17日(土)
   【公開講義】13:00〜14:00
   【公開演習】14:10〜16:50
   (時間配分は変更の可能性があります)
場所:大阪大学 国際公共政策研究科 3階マルチメディア演習室
講師:森山亮子氏
   (大日本住友製薬株式会社法務部・アソシエイトマネージャー/
    ニューヨーク州弁護士))
概要:交渉とは、相手方より有利な結果を得ることをめざしたゲームではなく、ある事業を実現するための一つの過程である。よって交渉で満足な結果を得るために
は、実現したい事業の姿を具体的に設定し、その実現のために必要な条件を洗い出
してみることが必要である。
与える。実際の交渉ケースを紹介する中で、諸理論の考え方を振り返ってみたい。
講義概要:こちらよりダウンロードできます。(PDFファイル)
パンフレット:こちらよりダウンロードできます。(PDFファイル)

●特色GP公開講義・公開演習
「法的交渉にどう取り組むか−理論的関心とケース」
日時:5月27日(土)
   【公開講義】13:00〜14:00
   【公開演習】
    (第一部)原則立脚型交渉法とはなにか 14:10〜15:30
    (第二部)私の交渉体験 15:40〜16:50
場所:大阪大学 国際公共政策研究科 3階マルチメディア演習室
講師:大澤恒夫氏(弁護士/桐蔭横浜大学法科大学院教授)
概要:法的交渉、とくに紛争がらみの交渉においては、「思い通りにならない他者」との関係形成をめざす忍耐強い努力を求められる。対話論、原則立脚型交渉論、ゲーム理論、静かなリーダーシップ、反省的実践家などの理論は、そのような交渉の実務に有益な示唆を与える。実際の交渉ケースを紹介する中で、諸理論の考え方を振り返ってみたい。
パンフレット:こちらよりダウンロードできます。(PDFファイル)
●特色GP公開講義
「国際的な交渉者養成のために大学は何ができるか-大阪大学の挑戦」
日時:5月1日(月)13:00〜14:30
場所:大阪大学 国際公共政策研究科 3階マルチメディア演習室
講師:野村美明 
   (大阪大学大学院国際公共政策研究科・高等司法研究科 教授)
   栗栖薫子 
   (大阪大学大学院国際公共政策研究科 助教授)
概要:この講義では、大阪大学が提供する国際的な交渉者やリーダーを養成するためのプログラムをわかりやすい映像や実例を使って紹介します。
例1:大学院や共通教育のネゴシエーションやディベートの授業。
例2:大阪大学が全国の大学と協力して開催する大学対抗ネゴシエーション・コンペティション。
例2は、九州から北海道、オーストラリアまでの14大学から参加することができる
日本で唯一の仲裁と交渉の競技です。
パンフレット:こちらよりダウンロードできます。(PDFファイル・約97KB)

■2005年度■

特色GP まちかね祭 公開講義
「国際通商上の紛争解決と交渉-いかに履行を確保するか-」
日時:11月4日(金)15:00〜17:00
場所:大阪大学 会議室(OSIPP棟6F)
講師:佐藤 達夫氏(経済産業省 商務情報政策局 取引信用課長)

特色GP公開講義「交渉基本構造」
日時:9月26日(月)13:00〜12:00
場所:大阪大学 マルチメディア演習室(OSIPP棟3F)
講師:竹内 俊隆氏(大阪外語大学教授 国際関係論)

●特色GP公開講義「 紛争解決と対話−仲裁調停手続をめぐって」
日時:7月23日(土)13:00〜14:30
場所:大阪大学 マルチメディア演習室(OSIPP棟3F)
講師:小原正敏氏(きっかわ法律事務所) 

●特色GP公開講義「法律家と交渉技術」
日時:6月18日(土)13:00〜14:30
場所:大阪大学 マルチメディア演習室(OSIPP棟3F)
講師:大澤恒夫氏(弁護士・桐蔭横浜大学法科大学院教授)
●特色GP公開講義「言語技術とリーダーシップ」

日時:5月28日(土)10:30〜14:30
場所:大阪大学OSIPP棟内 マルチメディア研究室
講師:茅野みつる氏(カリフォルニア州弁護士)

 

Copyright (C) Negotiation Educational Center at OSIPP. All Rights Reserved.