教員紹介

教員プロフィール

和仁 健太郎(わに けんたろう)
WANI Kentaro

准教授

Associate Professor

研究テーマ

国際法、とりわけ武力紛争法の研究(中立、海上捕獲、占領、内戦規制など)

研究紹介とメッセージ

現代国際法における武力紛争法の意義

 国際法には武力紛争法という分野があります。かつては戦争法とか戦時国際法などと呼ばれ、最近では国際人道法と呼ばれることもあります。この法分野は、「人道」法という言葉から連想されるイメージとは違い、実際には、人を殺してよいことを前提にした、ある意味で冷酷なルールの体系です。すなわち、第一次大戦以前の国際法では戦争を行うこと自体が禁止されていませんでしたから、戦争の「やり方」(つまり人の殺し方とか財産の分捕り方)をできるだけ合理化しようという方向で法が発展しました。ところが、今日では戦争を行うことそれ自体が禁止されていますから、何故、戦争の「やり方」を定めた武力紛争法が効力を持ち続けるのか、という難問が生じます。私はこれまで、この難問を解こうとして、中立、海上捕獲、占領地における財産の扱いといった問題を素材にして研究をしてきましたが、未だに確たる答えは得られていません。

 国際法学にはこの問題以外にも、まだまだよく分かっていない問題がたくさんあります。演習や講義では、それらの問題について皆さんとともに考えてみたいと思っています。

和仁健太郎のWebサイト Personal Website

 

研究業績
Researcher Database

 

ページの先頭へ