教員紹介

研究会・セミナー報告書など

教員の研究紹介

研究会・セミナー報告書など

  • 星野俊也
    (基調講演・パネリスト)基調講演「『スマート・バランシング』は可能か?―東アジアの国際秩序の行方」、円卓討議「アジアの安定と発展の方向」『講演と円卓会議:アジアの安定と発展の方向―日米の役割―』pp.9-14、pp.15-28、2016年10月。
  • 床谷文雄
    (自由討論)「第32回学術大会・シンポジウム 寄与分制度の現状と課題」『家族<社会と法>』No.32、pp.81-111、2016年7月。
  • 山内直人
    (報告書)「第2章 NPO法人の労働市場: 規模と構造の推計」『NPOの就労に関する研究―恒常的成長と震災を機とした変化を捉える―』(労働政策研究報告書)No.183、pp.19-34、2016年5月。
  • 床谷文雄
    (報告書)『「多元多層化する家族と法の全体構造に関する実証的比較法研究」』平成24年度~27年度科学研究費補助金(基盤研究B)研究成果報告書、2016年3月。
  • 床谷文雄
    (報告書)「超高齢化社会における家族法の役割(総括)」『超高齢化社会と家族法の役割―私たち司法書士の挑戦―』(大阪司法書士会家族法研究会研究発表会)、pp.218-pp.219、2016年2月13日。
  • 山内直人
    (編著者)『NPO・NGOデータブック』、NPO研究情報センター、2015年4月。
  • 松本充郎
    (報告)「日本における大気汚染問題への法的対応に関する一考察―四日市ぜんそくからPM2.5問題へ」『東アジア"生命健康圏"構築に向けて―大気汚染と健康問題を考える日中国際会議の記録―』OUFCブックレット第6巻、pp.63-pp.77、2015年3月。
  • 山内直人
    (報告書)「ファンドレイジングの現状と課題」、『持続可能な社会のつくり方~若者のためのESD実践資料集~』、pp.55-62、関西国際交流団体協議会、2015年3月。
  • 山内直人
    (報告書)『巨大地震とどう向き合うか―東日本大震災に学び、明日の巨大地震に備える―』、2015年3月。
  • 山内直人
    (報告書)『日本NPO学会第17回年次大会報告概要集』、2015年3月。
  • 星野俊也
    (報告書)「国際医療と平和―未来共生への希望」、『大阪大学医学部 学友会会誌』Vol.34、pp.45-48、2014年12月。
  • 山内直人
    (報告書)『世界の市民社会』、2014年4月。
  • 山内直人
    (報告書)「地域包括ケアの地域格差に関する実証と政策」(科学研究費補助金 平成25年度分担研究報告書)、『都市と地方における地域包括ケア提供体制の在り方に関する総合的研究』(科学研究費補助金 平成25年度 総括・分担報告書)、pp.277-280、2014年3月。
  • 野村美明
    (法律用語監修)『各国の文化財保護法令シリーズ[18] インドネシア』、独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所文化遺産国際協力センター、2014年3月31日。
  • 松繁寿和
    (報告書)『学力の規定要因分析 最終報告書』、2014年3月。
  • 山内直人
    (事例集)『元気いっぱいESD グッドプラクティス事例集』、2014年3月。
  • 山内直人
    (報告書)『日本NPO学会 第16回年次大会 報告概要集』、2014年3月。
  • Naoto Yamauchi
    (報告書)Giving Japan 2012: The Annual Report on Giving and Volunteering for the year 2011, 2013.
  • Naoto Yamauchi
    (報告書)German-Japansese Symposium on Positive Aging, German Research and Innovation Forum Tokyo , October 9, 2012.
  • 床谷文雄
    (自由討論)「第29回 学術大会・シンポジウム 家事紛争における当事者支援システム」、『家族〈社会と法〉』No.29、pp.93-122、2013年7月。
  • 山田康博
    (報告書)「東アジア地域秩序の変容――アメリカの覇権秩序から多国籍間主義の秩序へ」、『現代中国に関する13の問い――中国地域研究講義――』、pp.203-218、2013年3月。
  • 山内直人
    (白書)『NPO白書 2013』、2013年3月。
  • 松繁寿和
    (報告書)シンポジウムA「アジアのHRMへの招待」、『日本労務学会誌』第14巻第1号、pp.61-68、2013年2月。
  • 山内直人
    (報告書)『日本NPO学会第15回年次大会報告概要集』、2013年3月16日~17日。
  • 床谷文雄
    (コメンテータ-/報告書)「第47回シンポジウム ハーグ『子の奪取条約』と国内法制」、『NOMOS』第31号2012年12月、pp.83-160、2012年4月。
  • 星野俊也
    (基調講演)「複合化する国連PKO任務にどう取り組むか」、内閣府国際平和協力本部事務局主催『第4回国際平和協力シンポジウム 多機能型国連PKO活動の深化と拡張 ~我が国の国際平和協力活動のさらなる地平にむけて~』、pp.5-15、平成25年1月24日。
  • Naoto Yamauchi
    (報告書)"Measuring Well-being and Proposed Indicators in Japan", International Conference 'A Happy Life: Beyond the Economic Value', pp.65-98, November 30, 2012.
  • 山内直人
    (報告書)『大阪大学フォーラム2011 防災・減災・災害復興と国際協力 日中の経験に学ぶ』、2011年10月。
  • 山内直人
    (招待パネリスト)「地域再生におけるソーシャル・キャピタルの役割」、「国立社会保障・人口問題研究所 第17回厚生政策セミナー『地域の活性化と社会保障の持続可能性』」、2012年10月22日。
  • 星野俊也
    (報告書)「日本における外交・安全保障関係シンクタンクのあり方について~外交力を強化する『日本型シンクタンク』の構築~」、『外交・安全保障関係シンクタンクのあり方に関する有識者懇談会報告書』2012年8月7日。
  • 山内直人
    (報告書)『民間開発支援の現状とその効果・役割について-日・米・アジアにおける共通理解をめざして-』、2012年7月。
  • 星野俊也
    (報告書)『2011 report Peace Conference of Youth』、2012年1月。
  • 星野俊也
    (報告書)『2010 report Peace Conference of Youth』、2011年1月。
  • 山内直人
    (報告書)『インターンシップ報告書 2011』、2012年4月。
  • 山内直人
    (報告書)『NPO NGO事典―市民社会の最新情報とキーワード』、2012年4月。
  • 山内直人
    (報告書)「第2分科会『新しい市民社会』」、『第12回アジア太平洋フォーラム・淡路会議』、pp.131-146、165-180、2012年3月。
  • 星野俊也
    (報告書)"Objectives of Session Ⅱ,'Reconstruction after Conflict,' " 34th International Symposium on the Conservation and Restration of Cultual Property, " Reconstruction Process " and Cultural Herritage-Disaster, Conflict, and Social Change , pp.93-95, National Reserch Institute for Cultural Properties, Tokyo, 2012.
  • 星野俊也
    (報告書)「第二セッション 『紛争からの復興』の趣旨について」、『第三十四回文化財の保存および修復に関する国際研究会、「復興」と文化遺産-災害、紛争、社会変化-』、pp.83-85、2012年3月30日。
  • 山内直人
    (報告書)『日本NPO学会 第14回年次大会 報告概要集』、2012年3月。
  • 山内直人
    (報告書)『幸福度に関する研究会報告―幸福度指標試案―』、2011年12月。
  • 木戸衛一
    (報告書)「憲法問題連続学習会(第39回)『ドイツ政治と選挙制度-デモクラシーの空洞化に高まる政治不信』大阪大学大学院国際公共政策研究科准教授/木戸衛一」、『弁護士研修講座 研修速報』No.316、2011年8月。
  • Naoto Yamauchi
    (報告書)Japanese Civil Society at a Crossroad: CIVICUS Civil Society Index Report for Japan、March 2011.
  • Naoto Yamauchi
    (報告書)Giving Japan 2010: The Annual Report on Giving and Volunteering for the year 2009、2011.
  • 山内直人
    (報告書)『日本NPO学会 第13回年次大会 報告概要集』、2011年3月。
  • 山内直人
    (報告書)「パネルディスカッション 『ソーシャルビジネスを担うCSRとNPO』」、『新しい公共におけるソーシャルビジネスの展開―現代社会の課題と環境問題等を中心として―』、pp.179-192、2011年3月。
  • 山内直人
    (報告書)「エクセレントNPOが社会変革を担う」、『新しい公共におけるソーシャルビジネスの展開-現代社会の課題と環境問題等を中心として-』、pp.136-147、2011年3月。
  • 山内直人
    (報告書)「市民活動拠点としてのNPO共同事務所施設: 現状と課題」、『進化する共同事務所施設 基盤整備事業の果たす役割とは』、pp.93-95、2011年3月。
  • 山内直人
    (報告書)『ソーシャル・キャピタルの実証分析』、2011年4月。
  • 星野俊也
    (報告書)"The Philosophy of the Global Peace Index(GPI)and the Ways to Promote Hope in Globalized Community," Rethinking the Meaning of World Peace in the 21st Century, November 2010.
  • 星野俊也
    (報告書)Regional Consultation on The Responsibility to Protect, April 2010.
  • 山内直人
    (報告書)『平成21年度市民活動団体等基本調査(特定非営利活動法人の資金調達に関する調査)報告書』、平成22年3月。
  • 床谷文雄
    (報告書)平成18年度-20年度 科学研究費補助金(萌芽研究)研究成果報告書、『親権・後見統一論の現代的再構築』、2010年7月。
ページの先頭へ