教員紹介

教員プロフィール

Virgil HAWKINS(ヴァージル ホーキンス)
 

准教授

Associate Professor

研究テーマ

国際政治、紛争研究(特にアフリカ)、メディア研究

研究紹介とメッセージ

見えない世界と情報の流れ

 グローバル化が進んでいる中、世界各地で起きている出来事・現象は私たちの生活に影響を与え、そして逆に私たちの行動は遠く離れた人々の生活に影響を与えます。世界は密接に絡み合っているのです。

 このような世界に対応していくには現状に関する情報の把握が肝心になってきます。この意味で、市民と政策立案者などを繋ぐマスメディアは重要な役割を担っています。

 インターネットや衛星放送が示すように、情報通信技術においては発展が見られています。アクセスできる情報量は史上最大です。しかし、マスメディアはグローバル化された社会をどこまで伝えているのでしょうか。多くの場合、報道の大半は自国中心のままです。また、少ない国際報道のなかでも、地域によって報道量のばらつきが目立ちます。例えば、コンゴ民主共和国の紛争は冷戦後、世界最大の死者数を出した紛争ですが、報道があまりにも少ないため、日本では、その存在すらほとんど知られていません。

 世界が抱える様々な課題に対して効果的な政策を打ち出すには、状況の把握と幅広い議論が重要です。これを可能にするには、情報の流れをどのように改善すべきなのか、一緒に考えていきましょう。

Virgil HAWKINSのWebサイト Personal Website

http://stealthconflictsjp.wordpress.com/

研究業績
Researcher Database

hawkins.jpg

ページの先頭へ