教員紹介

教員プロフィール

大阪 よこ子 (おおさかよここ)
Osaka Yokoko

教授

Professor

研究テーマ

紛争解決及び平和構築(東ティモール、西パプア等)

Conflict resolution and peace building (East Timor, West Papua, etc.)

研究紹介とメッセージ

人間を知ること、それが問題の解決につながる

Knowing the man, which lead to the resolution of the problem.

現代世界には今だ解決されない紛争がいくつもあります。果たして紛争というのは、変えることのできない人間の本性からくるもの、治すことができない病のようなものなのでしょうか。私はそうは思いません。紛争には大きく人間の意志が関わっています。紛争を始めるのも、終わらせるのも、人間の決断によるものです。したがって、もし紛争解決に貢献したのであれば、正義への強い信念に加え、人間の思考と行動に対する深い洞察が重要になります。紛争解決とは人を動かすことにほかなりません。
個々の紛争の研究においては、地理、歴史、政治、経済、宗教といった背景あるいは条件の上に個々の人間がどのように思考し行動するのかをよく理解することが課題になります。遠く離れたところで展開している紛争について日本にいる私たちに何ができるかと思うと、紛争解決というのは夢物語のように思えます。しかし、世界中のいろいろなところで行われている解決努力の集積の結果、紛争はひとつひとつ解決されてきています。私たちの小さな努力もグローバル化した社会の中でつながることによって力をえることになるのです。

There are many modern world conflict is not resolved now. That really is a conflict, comes from human nature can not be changed, what kind of disease that can not be cured. I do not think so. The conflict has involved the will of the people greatly. Also started the conflict, even to finish is due to human decisions. Therefore, if contributing to conflict resolution, if in addition to strong belief in justice, it is important to a deep insight into human thought and action. Conflict resolution and nothing more than moving people.
In a study of individual conflicts, geography, history, politics, economics, the challenge is to better understand how to think and act and how individual human and religious background, or on the conditions. When I think of what we can dispute that Japan has deployed far away, that seems like fantasy dispute resolution. However, the results of the integration efforts have been solved in many places around the world, the conflict has been resolved one by one. Eru is going to be lead by the power of the globalized society in our little effort.

松野明久Webサイト Personal Website

http://researchmap.jp/conflictstudies

研究業績
Researcher Database

pic_yoko.jpg

ページの先頭へ