2019年2月アーカイブ

床谷 文雄 教授 
最終講義のご案内

本研究科 床谷 文雄 教授の退職にあたり、
最終講義を下記のとおり行いますので、
ご来聴くださいますようご案内申し上げます。

日 時: 平成31年2月27日(水)
     14時40分~16時10分

場 所: 国際公共政策研究科(OSIPP)棟
講義シアター(2階)

題 目: 私の家族法研究

大学院国際公共政策研究科

講演会「光州5.18民主蜂起と韓国の民主主義」のご案内  
韓国の民主化運動の先駆けとされる1980年の光州民主蜂起。1979年10月の朴正煕(パク・チョンヒ)大統領暗殺の後、民主化への期待が高まったものの、軍がクーデターを起こし、戒厳令を敷きました。軍への抵抗運動が全国的に広がる中、1980年5月18日、光州市民は蜂起。しかし、軍は特殊部隊を派遣して、市を封鎖し、群衆に発砲。多くの死者を出しました。1993年金泳三(キム・ヨンサム)氏が大統領になって以後、名誉回復、真相究明、責任追及が行われ、記念する行事が行われるようになりました。今日、光州広域市には国立5.18民主墓地、5.18自由公園、5.18記念公園、5.18民主化運動記念館など、民主蜂起の歴史を偲ぶさまざまな場所があり、多くの人が訪れています。光州広域市にある5.18記念財団研究部長のパク氏を招きし、講演会を開催します。

講師  :パク・ジンウ氏(5.18記念財団研究部長)
テーマ :光州5.18民主蜂起と韓国の民主主義
使用言語:韓国語(日本語通訳有)
司会  :梁官洙(ヤン・カンス)大阪経済法科大学客員教授
通訳  :藤井たけし氏

講師略歴:パク・ジンウ氏は1977年生まれで、2012年に全南大学博士課程(現代韓国史)単位取得満期退学。羅州学生独立運動記念館事務長を経て現職。論文に「パク・チョンヒ体制とセマウルリーダーシップ訓練センターのリーダーシップ教育」他。

日時  :2019年2月13日(水)18時00分〜20時00分(17時30分開場)
場所  :大阪経済法科大学 OUEL研究センター 5階セミナールーム(大阪市天王寺区舟橋町2-2)
アクセス:鶴橋駅(JR・近鉄・地下鉄)より環状線沿いに北へ徒歩5分

主催  :大阪大学大学院国際公共政策研究科松野研究室(科研プロジェクト「ポリティサイドの構造分析」)
問合せ :松野 06-6850-5601 Email: matsuno@osipp.osaka-u.ac.jp
*人数把握のため、参加を希望される方はできるだけ事前にご連絡下さい。
チラシ>光州民主蜂起講演会

(2019/02/04)

Workshop:"Political Killings: modes of repression and transitional justice"

日時:2019年2月12日(火)10:00-16:30
会場:国際公共政策研究科棟 6階 会議室(大阪大学豊中キャンパス)
言語:英語

The workshop examines three cases of political killings from the cold war period in a comparative perspective with particular foci on modes of repression and transitional justice. They are the oppression of the Gwangju Democratic Uprising in the Republic of Korea (1980), the post-9.30 massacre in Indonesia (1965-1966) and the state violence under the military rule in Argentina (1976-1983). In all cases, the military was the primary machine of repression and the operation to annihilate the "enemy" was thorough in its intension. But the processes of transitional justice in three countries vary in scope and depth depending on power relations in post-dictatorship politics. The workshop analyzes factors behind the differences and discusses challenges ahead in transitional justice.

Program

10:00 Opening

Session 1: Korea, 10:10-11: 50
Mr. Jinwoo Park, Director, Research Department, May 18 Memorial Foundation (Gwangju)
"The May 18 Democratic Uprising and Transitional Justice"
Comments: Prof. Kwansoo Yang, Guest Professor, Osaka University of Economics and Law

Session 2: Indonesia, 13:00-14:30
Dr. Sri Wahyuningroem, Lecturer, Universitas Pembangunan Nasional Veteran Jakarta
"Where to Now? In Search of Justice in the Post-Transitional Justice of Indonesia"
Comments: Dr. Dianto Bachriadi, Visiting Professor, Center for Southeast Asian Studies, Kyoto University

Session 3: Argentina, 15:00-16:30
Prof. Gabriela Águila, Professor, National University of Rosario
"Repression in Argentina during the 70s: state violence and processes of justice"
Comments: Dr. Chie Ishida, Assistant Professor, Waseda University

For more information, please contact: Akihisa Matsuno (OSIPP Professor)
Osaka School of International Public Policy, Osaka University
Email: (matsuno@osipp.osaka-u.ac.jp)

Flyer: Workshop Political Killings poster ver2.pdf

(2019/01/29)

日時:2019年2月6日(水) 13:00~14:30

場所:大阪大学大学院国際公共政策研究科棟 6階 会議室(大阪大学豊中キャンパス)

発表者:Misaki Matsumura(Department of Economics Columbia University, New York)

テーマ:What Price Index Should Central Banks Target? An Open Economy Analysis

言語:英語
共催:IPP研究会、「人材配置の経済学」研究会
お問い合わせ:瀧井研究室 602sec*osipp.osaka-u.ac.jp
    (*には@をお入れください。)

(2019/01/18)

日時:2019年2月5日(火) 12:00-13:30

場所:大阪大学大学院国際公共政策研究科棟 6階 会議室(大阪大学豊中キャンパス)

発表者:Kazuhiko Sumiya(Department of Economics and Business Economics, Aarhus University)

テーマ:Accumulating Effects of Income Taxes on Wages: Micro Evidence from Denmark

言語:英語
主催:IPP研究会
お問い合わせ:瀧井研究室 602sec*osipp.osaka-u.ac.jp
    (*には@をお入れください。)

(2019/01/24)

カテゴリ

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2019年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年1月です。

次のアーカイブは2019年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。