2017年10月アーカイブ

講演会 「オランダにおける移民をめぐる諸問題」  

講演者:イボンヌ・M・ドンダース教授 (アムステルダム大学)
日時:2017年10月20日(金)18時30分〜20時(受付18時開始)
場所:大阪市立中央公会堂地下一階大会議室    http://osaka-chuokokaido.jp/map/
司会:河村倫哉准教授(大阪大学国際公共政策研究科)
使用言語:英語(ただし、逐次通訳及び日本語要約つき)
参加費無料

講演内容:
 近年ヨーロッパは移民問題で大きく揺れています。今年3月に行われたオランダの議会選挙でも移民問題が大きな争点となりました。オランダはヨーロッパ有数の寛大な移民受け入れ国でありながら、反移民を掲げる勢力も根強く存在しています。そのような複雑なオランダの現状はどのようにして生まれたのでしょうか。
 ドンダース教授は、人権規範が一方では普遍的なものでありながら、他方では地域ごとの文化や政治に合わせてどのように調整されていくべきかを研究しています。歴史的経緯も踏まえながら、複雑なオランダの現状をドンダース教授なりの観点から鋭く分析していただきます。
 日本でも外国人との共生は重要な問題となっていますが、先行するヨーロッパの経験について、まだ十分に知られているとは言えません。ヨーロッパに住む法学者から直接話を聞くことのできる貴重なチャンスですので、ぜひ奮ってご参加ください。

 

講演者について:
 専門は国際人権法。ユネスコ本部での勤務を経て、アムステルダム大学法学部講師。2011年より教授。元同大学国際法センター所長。オランダ人権研究所(国内人権機関)設立に関わり、同研究所アドバイザリー評議員、ユネスコ国内委員会委員、国際問題アドバイザリー評議会人権委員、オランダ国際法学会理事、シェルターシティープロジェクト(海外人権活動家招へい事業)のアドバイザリーボード議長、オランダ国連協会会長などを歴任。

 
共催 : 大阪大学大学院国際公共政策研究科
     大阪大学リーディング大学院・未来共生イノベーター博士課程プログラム
協力 : ヒューライツ大阪(一般財団法人アジア・太平洋人権情報センター
お問い合わせ:大阪大学大学院国際公共政策研究科准教授 河村倫哉

kawamura◎osipp.osaka-u.ac.jp (◎を@に換えて送信してください)
06-6850-5653(研究室直通)

(2017/09/12)

公開講義 「エルサレムに生きる:パレスチナ住民のサバイバル・メカニズム」

講師: Dr. ムニル・ヌセイバハ (アル・クドゥス大学法学部(エルサレム))
日時: 2017年10月10日(火)5限目、16:20-17:50
場所: OSIPP棟2階 講義シアター
 
*本講義は英語で行われます。
*本講義は、OSIPP科目「特殊講義(平和構築論)」の授業として行われます。なお、平和構築論の初回の授業(10月3日)でパレスチナ問題の基礎を講義します。
 
概要:
占領都市としてのエルサレムの地位の問題を論じた後、そこにおいていかにイスラエル当局がパレスチナ住民の人口や民族主義(的活動)を抑制しようとしているかについて述べる。住民は居住資格の停止、出生児登録の拒否、家族再会の凍結、住居破壊、差別的な社会福祉政策などの問題に直面し、生存のための闘いを余儀なくされている。こうした状況において、パレスチナ住民はどのようなサバイバル戦術をもって問題に挑んでいるかを明らかにしたい。
 
ゲストについて:
ムニル・ヌセイバハ氏はエルサレムにあるアル・クドゥス大学法学部助教。専門は国際人権法。英ウェストミンスター大学で博士号取得。博論タイトルは「イスラエル・パレスチナ紛争における強制移動、国際法、そして移行期正義」。アル・クドゥス大学法学部の人権教育プログラムの設立者・主任担当者で、同学部が市中(東エルサレム旧市街)に開設している市民向け人権教育・法律相談所であるコミュニティ・アクションセンターの所長。パレスチナ問題に関して多くの論評を書いている。
 
問合せ先:松野明久(国際公共政策研究科) 
メール :matsuno●osipp.osaka-u.ac.jp(メール送信時は●を@に換えてお送りください)
 
 
*本公開講義は科研費 基盤C 特設分野(紛争研究)「占領の法政治学〜パレスチナと西サハラにおける法の政治的機能」による研究活動の一部として行われるものです。
 
(2017/09/11)

 日時:平成29年10月5日(木)16:20-17:50
 場所:豊中キャンパス 法経研究棟 7階 大会議室
 講師:Eric Weese 氏(神戸大学)
 議題:"Inefficiency and Self-Determination: Simulation-based evidence from Meiji Japan"

 研究会幹事:竹内惠行、安田洋祐、瀧井克也、石瀬寛和
 共催:IPP研究会
 お問い合わせ:大阪大学経済学研究会事務局(合同研究室)>> 詳細リンク  
 (2017/7/25)

このアーカイブについて

このページには、2017年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年7月です。

次のアーカイブは2017年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。