2017年5月アーカイブ

OSIPP関係者の皆様
 
来たる5月26日(金)に駐日コソヴォ大使をお招きして講演会を実施しますので、ご関心をお持ちの方は是非ご参加ください、。
テーマ:「コソボの平和構築とEU−歴史遺産の観点から」
Theme: Peacebuilding in Kosovo and the European Union: Historical Heritages and Its Meanings

講演者:レオン・マラゾーグ駐日コソヴォ大使閣下
Speaker: H. E. Mr. Leon MALAZOGU
                Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of Republic of Kosovo to Japan

日時:5月26日(金)14:00-15:30
 場所:OSIPP2階講義シアター
使用言語:英語
事前申し込み:不要
お問い合わせ:中内(nakauchi◎osipp.osaka-u.ac.jp)*メール送信時は◎を@に換えてお送りください。

*本講演会は科学研究費補助金事業講義「歴史遺産と未来共生-武力紛争下の文化財保護・回復政策を通じた深層の平和構築の推進」の一環として実施いたします。また「特殊講義/研究 EU論〔歴史・制度・政治〕」の講義も兼ねます。
(2017/05/22)
日時:平成29年5月25日(木)16:20-17:50
  場所:豊中キャンパス 法経研究棟 7階 大会議室
  講師:Michael Pfluger氏(University of Wurzburg)
  議題:“Environmental policies in a system of cities”
 研究会幹事:竹内惠行、安田洋祐、瀧井克也、石瀬寛和
 共催:IPP研究会 
 お問い合わせ:大阪大学経済学研究会事務局(合同研究室)>> 詳細リンク
ウィルフリド・V・ヴィラコルタ博士
(元フィリピン政府ASEAN大使、元ASEAN事務次長、デ・ラ・サール大学名誉教授)
「ASEANとその東アジアの将来における役割」

日時            :2017年5月25日(木)13時〜14時30分
場所            :大阪大学大学院国際公共政策研究科会議室(6階)
司会            :星野俊也教授

講演内容  :ASEANは東南アジア諸国の連携を強化する目的で設立されたが、東アジアの国々である日本、韓国、中国との関係もますます緊密になっている。そのため東南アジアだけではなく東アジアの将来にも一定の役割を果たすことが可能であると考えられる。

講演者について:フィリピン大学卒業、アメリカ・カトリック大学で博士号取得(政治学)。その後デ・ラ・サール大学で教鞭をとり、リベラルアーツ学部長、副学長、ユーチェンコ研究センター所長を歴任。1986年憲法制定委員会のメンバー。その後、ASEAN事務次長(2003-2006)、フィリピン政府のASEAN大使(2011-2012)となる。現在、「ASEANと大国」についての本を執筆中。
主催 大阪大学大学院国際公共政策研究科東アジア連携推進委員会
共催 大阪大学大学院国際公共政策研究科

問い合わせ:松野明久 matsuno◎osipp.osaka-u.ac.jp  (◎を@に換えて送信ください。)
チラシ >>PDF
(2017/04/26)

「国連システム論」授業の特別公開講義として、千玄室先生の講義を開催いたします。

講師:OSIPP客員教授 千 玄室 氏
    (ユネスコ親善大使、日本国際連合協会会長、茶道裏千家前家元)
日時:2017年5月24日(水)14:45~15:45(開場14:15)
会場:大阪大学豊中キャンパス 基礎工学国際棟シグマホール
定員:200名(先着順、入場無料)
進行:星野 俊也(大阪大学大学院国際公共政策研究科 教授)
参加登録:5月22日(月)までに以下のURLよりお申込みください。
>> お申込みリンク

チラシ 茶の精神と平和.pdf

(2017/05/15)

このアーカイブについて

このページには、2017年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年4月です。

次のアーカイブは2017年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。