2015年4月アーカイブ

"Income-dependent Fertility, Spatial Equilibrium and Public Housing Policy"
講師:Leung Ka Yui (Charles) 氏 (City University of Hong Kong )


日時:平成27年4月23日(木)16:20-17:50
場所:豊中キャンパス 法・経大学院総合研究棟 7階大会議室
共催:IPP研究会
お問い合わせ:大阪大学経済学研究会事務局(合同研究室)→詳細はこちら

(2015/04/20)

国連創設70周年・ユネスコ設立70周年記念特別セミナー第一弾
【講師】松浦 晃一郎氏(前ユネスコ事務局長、OSIPP客員教授)
【演題】「ユネスコの70年を振り返って」

【日時】平成27年4月22日(水) 11時00分~12時00分
【場所】大阪大学 豊中キャンパス 豊中総合学館501号室
【司会】蓮生 郁代 OSIPP准教授
【言語】日本語
【主催】大阪大学大学院国際公共政策研究科国連政策研究センター(CUNPS)
【後援】グローバル・ガバナンス学会
  チラシ >>PDF
【参加】参加料不要。参加をご希望の場合は、下記のアドレスにまでお申し込み ください。
【お問い合わせ】CUNPS事務局 cunps@osipp.osaka-u.ac.jp
※事前申込なしでもご参加いただけますが、人数把握のため事前申込へのご協力 をお願いいたします。

【日時】
 2015年4月19日(日)14:00~17:10(13:45開場)
 
【報告テーマと報告者】
 14:00~15:30 
 テーマ:「ソーシャル・キャピタルは幸福度を高めるか(仮題)
 報告者:伊角 彩氏(愛育研究所嘱託研究員)
 
 15:40~17:10
 テーマ:「ふるさと納税による自治体への寄付:現状と課題(仮題)
 報告者:西村 慶友氏(株式会社サイネックス)
 
【場所】
 大阪大学経済学研究科大会議室(法経研究棟4階)
 大阪府豊中市待兼山町1-31 大阪大学豊中キャンパス内  >地図
 
【参加費】無料
 
【参加申し込み】氏名、所属、メールアドレスを記入の上、 

       NPO研究情報センター(nporesearch◎ml.osipp.osaka-u.ac.jp)までお送りください。 
      (◎を@に代えて送信して下さい) 
      (特にお返事は差し上げておりませんので、当日直接会場においでください) 

(2015/4/6)

"Facing Demographic Challenges: Pension Cuts or Tax Hikes"
講師:Chung Tran 氏 (The Australian National University)

日時:平成27年4月16日(木)16:20-17:50
場所:豊中キャンパス 法・経大学院総合研究棟 7階大会議室
共催:IPP研究会
お問い合わせ:大阪大学経済学研究会事務局(合同研究室)→詳細はこちら

(2015/4/9)

報告者	:原田 勝孝 氏 ( 政策研究大学院大学 助教授 )
テーマ :Sensitivity Analysis for Unmeasured Confounding:
        Extension to Heterogeneous Treatments and Beyond

日 時	:2015年4月10日(金) 16:20-17:50
場 所	:大阪大学 大学院 国際公共政策研究科棟 6階 会議室
言 語   :英語
主 催	:IPP研究会
お問い合わせ:松繁研究室 山本 studio-pine*osipp.osaka-u.ac.jp (*には@をお入れください。)
【概 要】
  A major obstacle to developing evidenced-based policy is the difficulty in implementing randomized experiments to answer all causal questions of interest. When using a non-experimental study, it is critical to assess how much the results could be affected by unmeasured confounding. We present a set of graphical and numeric tools to explore the sensitivity of causal estimates to the presence of an unmeasured confounder. We characterize the confounder through two parameters that describe the relationships between 1) the confounder and the treatment assignment and 2) the confounder and the outcome variable. Our approach has two primary advantages over similar approaches that are currently implemented in standard software. First, it can be applied to both continuous and binary treatment variables. Second, our method for binary treatment variables allows the researcher to specify three possible estimands (average treatment effect, effect of the treatment on the treated, effect of the treatment on the controls). We demonstrate the efficacy of the method through simulations. We illustrate its potential usefulness in practice using LaLonde's (1986) constructed observational data. When time allows, we also introduce a new extension of our algorithm to nonlinear response surface using Bayesian Additive Regression Trees (BART) technique.  
報告者	:石瀬 寛和 氏 (大阪大学 社会経済研究所 講師)
テーマ :Development Accounting and International Trade

日 時	:2015年4月8日(水) 17:00-18:30
場 所	:大阪大学 大学院 国際公共政策研究科棟 6階 会議室
言 語   :英語
主 催	:IPP研究会
お問い合わせ:松繁研究室 山本 studio-pine*osipp.osaka-u.ac.jp (*には@をお入れください。)
【概 要】
 Development accounting shows a significant part of cross-country income differences is attributed to differences in total factor productivity (TFP), but the sources of TFP differences are not well understood. This paper considers the role of international trade to explain the cross-country differences in TFP. By using a multi-country Ricardian trade model, I provide a decomposition of the observed TFP into a pure technology, and trade costs and trade policy through international trade. Under a baseline parameterization, my model shows that conventional TFP measures overestimate fundamental productivity differences by 30%. My result implies that adding a refinement to development accounting can help make the challenging task of explaining TFP differences less difficult. My result also suggests the importance of considering international trade structure when examining sources of TFP fferences across countries.

このアーカイブについて

このページには、2015年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年3月です。

次のアーカイブは2015年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。