2014年7月アーカイブ

①14:40-16:10
 論題:"Capital Flows during Quantitative Easing and Aftermath: Experiences of Asian Countries"
講師:Kwanho Shin 氏 (Korea University)

②16:20-17:50
 論題:"Strategy-proofness and Responsibility Under Unequal Skills"
講師:林 貴志 氏 (University of Glasgow)

日程:平成26年7月24日(木)14:40-17:5
場所:豊中キャンパス 法・経大学院総合研究棟 7階大会議室
共催:IPP研究会
お問い合わせ:大阪大学経済学研究会事務局(合同研究室)→詳細はこちら

(7/23更新)

テーマ:メディア(通信)の役割

 
日時:2014年7月24日(木)14:15開始 (受付14:00~)
場所:豊中キャンパス国際公共政策研究科棟  6階 会議室
主催:大阪大学大学院国際公共政策研究科
後援:新日本パブリック・アフェアーズ株式会社
お問い合わせ:赤井 伸郎 教授 赤井研HP インフラフォーラム
[参加無料/要申込み・先着順:50名]
所属・氏名・連絡先を記入の上、お申込み下さい。(申込締切:7月23日)
OSIPP研究支援室: forum2014◎osipp.osaka-u.ac.jp(◎を@にかえてお送りください)
詳細はこちら

 

(6/19更新)

第66回OSIPP政策フォーラム

「ミャンマーの政治的変遷とEUの役割」

講演者:バート・ガンズ 博士(フィンランド国際問題研究所)

日時:2014年7月23日(水)14:40~16:10
場所:国際公共政策研究科棟(OSIPP棟) 6階会議室
言語:英語
司会:竹内俊隆教授(OSIPP)
お問い合わせ:竹内俊隆教授(OSIPP)
E-Mail : takeuchi◎osipp.osaka-u.ac.jp (◎を@に替えて送信してください)

主催:大阪大学大学院 国際公共政策研究科(OSIPP)
共催:EUインスティテュート関西

概要: 2001年以降のミャンマーの政治変革の過程を取り上げ、EUによる「スマート・サンクション(smart sanction)」または「狙い撃ち制裁(targeted sanction)」などの制限的措置がミャンマーの政治変革に果たした役割を検討する。EUは「倫理的」または「規範的」な外交を行っているとの自己認識を持つが、特にアジア諸国との関係において、この自己認識を再検討することが、本報告の目的である。

 >> 詳細はこちら

「文化を通じて国際平和を実現するためには

【講師】松浦 晃一郎氏(前ユネスコ事務局長、OSIPP客員教授)

日時:平成26年7月16日(水) 10時30分~12時00分
場所:大阪大学 豊中キャンパス 国際公共政策研究科(OSIPP)棟2階 講義シアター
主催:大阪大学大学院国際公共政策研究科(OSIPP)
共催:大阪大学OSIPP国連政策研究センター(CUNPS)
司会:蓮生 郁代准教授(大阪大学大学院国際公共政策研究科)
*参加無料、参加をご希望の場合は、下記のアドレス宛にお申し込みください。
お問合せ:CUNPS事務局 妹尾 cunps*osipp.osaka-u.ac.jp(*には@をお入れください)
    詳細はこちら >> チラシpdf

(7/24更新)

【EUIJ関西】EUIJ 公開セミナー
"Globalization and the Global Governance of Migrants"

講演者:Catherine Wihtol de WENDEN先生 (パリ政治学院(シアンスポ・ド・パリ))

日時:2014年7月10日(木)13:00~14:30
場所:大阪大学豊中キャンパス OSIPP棟6階 会議室
言語:英語
参加申込:euij-osadm◎osipp.osaka-u.ac.jp (◎を@に替えて送信してください)
  *当日参加可能。 
EUインスティテュート関西: Website link
詳しくはこちら >> Poster(pdf)

「講演者紹介」
Catherine Wihtol de WENDEN先生は長年、フランスの移民政策や 難民政策分野を研究対象とされ、フランスでも大変高名な政治学者・ 社会学者・国際法学者でいらっしゃいます。現在は移民のグローバル化や 「移民と国際関係論」を専門領域として、パリ政治学院にて教鞭をとっておられる一方、 OECDや欧州委員会、国際連合難民高等弁務官事務所、欧州理事会における顧問としてもご活躍中です。 現在、日本においても移民政策・難民政策への関心が高まる中、ヨーロッパとフランスの移民政策を 熟知されたプロの方のお話をぜひ、聞きに来て下さい。

(2014/7/4)

【EUIJ関西】EUIJ 公開セミナー
"Palestine and the International Statebuilding Agenda: A Way Forward to Peace?"

講演者: Dr. Claudia Baumgart-Ochse (Peace Research Institute Frankfurt)

日時:2014年7月8日(火)14:40~16:10
場所:大阪大学豊中キャンパス 文法経講義棟 2階23 番講義室
言語:英語
チラシ: PDF
参加申込:必要
申込アドレス:euij-osadm◎osipp.osaka-u.ac.jp (◎を@に替えて送信ください)
セミナー詳細問合せ:松野明久教授 matsuno◎osipp.osaka-u.ac.jp (◎を@に替えて送信ください)
*当公開講義は法学部専門科目「特別講義(現代紛争論)」の一環として開催されます。

(2014/7/2更新)

 論題:"Tracing the Impact of Large Minimum Wage Hikes on Household Welfare in Indonesia"
講師:山田 憲 氏(Singapore Management University)

日程:平成26年7月3日(木)16:20-17:50
場所:豊中キャンパス 法・経大学院総合研究棟 7階大会議室
共催:IPP研究会
お問い合わせ:大阪大学経済学研究会事務局(合同研究室)→詳細はこちら

(7/1更新)

”地域再生の秘伝レシピ、教えます。”
講師:北田真規(NPO 法人結びめ 研究員/ 物語力出版 代表
 
 日時:7月2日(水)18:00~19:30
 場所:大阪大学ステューデント・コモンズ1階 開放型セミナー室(豊中キャンパス)
  アクセス(建物の1階となります)
 参加対象:大阪大学学生(学部学生・大学院学生)、大阪大学教職員、その他の大学学生、一般(とくに「地域が変わるものづくり」の実践に関心がある方)
 定員:50人
 参加:無料、事前申し込み要
 申込方法:下記のとおりメールにてお願い致します。
 [件名]「7/2ワークショップ参加」
 [本文]1)お名前、2)ご所属
 [宛先] stips-info★cscd.osaka-u.ac.jp(★を@に置き換えてご送信ください)
 主催:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)
 共催:大阪大学大学院国際公共政策研究科(OSIPP)稲盛財団寄附講座、公共圏における科学技術・教育研究拠点(STiPS)
詳細はこちら >> STiPS-HP チラシ

このアーカイブについて

このページには、2014年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年6月です。

次のアーカイブは2014年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。