IPP羅針盤
お知らせ

NEWS

2013年度1学期の時間割を掲載いたしました。
紀要配布
紀要配布:『国際公共政策研究』第17巻第2号(通巻32号)を配布しています。
平成24年度学会員の方はOSIPPライブラリー(国際公共政策研究科棟 5階)まで取りに来て下さい。(配布時間:9:00-17:00)(2013/03/25)

イベント

2013年7月17日(水)14:40~16:10 第3回 前ユネスコ事務局長 松浦晃一郎氏講演会
「ユネスコによる世界遺産の取り組み -富士山の登録をめぐって-」
松浦 晃一郎氏(前ユネスコ事務局長、OSIPP客員教授)

場所:大阪大学豊中キャンパス 豊中総合学館 301教室
主催:大阪大学大学院国際公共政策研究科(OSIPP)
共催:大阪大学OSIPP国連政策研究センター(CUNPS)
司会:蓮生 郁代 OSIPP准教授
【参加】無料、事前申し込み不要
お問い合わせ:CUNPS事務局 島田 cunps*osipp.osaka-u.ac.jp(*に@をお入れください)
(2013/6/11更新)
2013年7月19日(金)19:00~21:00 Moving/Thinking/Meeting (体を動かしながらちょっと突っ込んで考えてみる会) vol.2 「踊りと眼」
場所:アートエリアB1(京阪電車中之島線「なにわ橋駅」地下1階コンコース)
ゲスト:広瀬 浩二郎 氏(国立民族学博物館准教授/文化人類学)
    古後 奈緒子 氏(dance+主宰/ダンス批評)
定員:30名程度(当日先着順、入退場自由、予約不要、無料)
進行:富田 大介(OSIPP稲盛財団寄附講座 特任助教)
カフェマスター:西川 勝(大阪大学コミュニケーションデザインセンター 特任教授)
共催:大阪大学大学院国際公共政策研究科(OSIPP)
お問い合わせ:富田 大介 OSIPP稲盛財団寄附講座 特任助教 詳細はこちら
(2013/7/3更新)
2013年7月21日(日)14:00~17:10(13:45開場) NPO研究フォーラム
「震災後の人口増減からみた復興の評価」
橋本奈保氏(大阪大学OSIPP)
「災害寄付の流れの全体像をつかむ:活動支援金を中心に」
中嶋貴子氏(大阪大学OSIPP)

場所:大阪大学大学院国際公共政策研究科(OSIPP)棟6階会議室
主催:大阪大学大学院国際公共政策研究科NPO研究情報センター
共催:日本NPO学会(震災特別プロジェクト)
お申込み・お問い合わせ:NPO研究情報センター → 詳細はこちら
(2013/6/20更新)
2013年7月24日(水)10:00~17:00(開場:09:40)国際安全保障フォーラム in 関西 2013
テーマ 「国際社会における日本の役割:中長期的課題」
日時: 平成25年7月24日(水)10:00~17:00(開場:09:40)
会場: 大阪大学中之島センター703教室     
対象: 大学生、大学院生、研究者、安全保障問題に関心を持つ一般の方々  (定員約80名)
主催: 大阪大学大学院国際公共政策研究科(OSIPP)・防衛省防衛研究所(NIDS)
参加費: 無料
詳しくは   こちら
(2013/7/3更新)
2013年8月1日(木)14:40~16:10 IPP研究会
”External Debt, Default and Exchange Rate Dynamics”
阿曽沼 多聞 氏(International Monetary Fund, Economist)

場所:大阪大学 大学院国際公共政策研究科棟 6階会議室
言語:英語(English)
共催:「人材配置の経済学」研究会(科研基盤A)、大阪大学経済学研究会
お問い合わせ:瀧井研究室 602sec*osipp.osaka-u.ac.jp (*には@をお入れください。) → 詳細はこちら
(2013/6/25更新)
教員の研究活動

新刊図書

新聞・雑誌記事、その他

木戸衛一
(論説・著書書評)「ドイツにおける極右の現状 日常的暴力の背景に『思考停止を求める政治』と『格差と貧困』」、「書評 木戸衛一著『ドイツ左翼党の挑戦』」、『アジア記者クラブ通信』250号、pp.13-15・34、2013年5月5日。
山内直人
(パネリスト)「Symposium 自然災害の経済学 東日本大震災から何を学ぶか」、『経済セミナー』No.671、p.58-68、2013年4・5月。
星野俊也
(論説)「海外ニュースの読み方―『尖閣問題』と日中関係の今後/アルジェリア人質事件と北西アフリカにおけるテロの脅威―」、『国連ジャーナル』2013年春号、pp.19-22、2013年3月。

論文発表の紹介

Eiichi Kido
(論文)”Vorwaerts ins 19. Jahrhundert?”,DOAM-Deutsche Ostasienmission,09.05.2013
星野俊也
(論説)「『保護する責任』と国際社会の正義」、日本国際政治学会編『国際政治』第171号 、pp.129-143、2013年1月。
内記香子
(論説)「バイオ燃料をめぐる国際通商(一)―EUの持続可能性基準とその域外への拡散―」、『阪大法学』第62巻第5号(通巻第281号)、2013年1月、pp.95-113。

Department of
International Public Policy
Osaka University